日記

2022-02-02 18:59:00

「好き」を忘れる・思い出す

今朝テレビをつけたらニュージーランドの珍しい鳥の特集みたいな番組が放送されていました。

私にまとわりついてうるさくニャーニャー鳴いてた猫もテレビの中の鳥たちに釘付け、こりゃ静かでいいねとそのまま猫と一緒に鳥の番組を見ることに。

すると番組の最後の方で、絶滅した鳥たちの話となりました。

そこに出てきたのは、子供の頃から興味津々だった「モア」

図鑑で読んだ巨大な鳥。

こんな大きな鳥がほんとうに生きていて、歩いていたのかと想像するだけで面白くてたまらなかったのです。

モア、好きだったんだよなー。

そのことをすっかり忘れていました。

モアが好きで好きで、わざわざひとりで上野の国立科学博物館に見に行ったくらいです。

 

  

5A585DD9-CCF6-4E9B-BC8E-CA6B8732DB80.jpeg

モアに会いたくて出かけた大英自然史博物館展

なんと2017年ですって!時の経つのがはやいはやい

 

 

B983983B-0E86-49A3-97C7-D395A3E361C1.jpeg

骨格標本じゃ私の「モア愛」は伝わらないか…

(もちろんこれは撮影OKの展示です、ご安心を)

 

 

もう、ネコよりも私のほうがテレビに釘付け。

なんとさらなる絶滅した鳥が登場、またもや私好みの巨大な鳥。

翼を広げると3メートルにもなる巨大なワシですって。

いやー、もうたまりません。

おもしろくてたまらない。

 

そうだった、私、こういうジャンルの話は大好きだったんだな。

巨大な生き物とか、絶滅してしまった生き物の話とか。

 

好きなことを忘れていたなんて。

でも思い出せてよかった。

なんだかすごく楽しい気分。

 

どうやら日々の生活の中に私の「好き」が埋もれてしまっていたようで。

たぶんまた埋もれていくんだろうけれども。

ときどきこんなふうに自分の「好き」を思い出すって、けっこう大事なことなんじゃないかなと思いました。

 

トップへ戻る