日記

2020-08-08 11:42:14

当たるとうれしい

そういえば、今月はPayPayがキャンペーン中でした。


パウゼもこのキャンペーンに参加しておりますので、お客様が当店でのお支払いにPayPayをご利用いただきますと、その場で抽選が始まるというしくみらしいのです。


キャンペーンの参加申し込みをしたのがずいぶん前だったので、すっかり忘れておりました。


で、そのキャンペーンというのが、これ。


先日、パウゼでのお支払いをPayPayでしてくださったお客様が当選しまして。


これはなんだかとってもうれしい。


もちろん当選したのはお客様ですから、お店側になにか良いことが起こるわけではないのですよ。

だけどなんだか、お客様に嬉しいことが起こると、私まで嬉しくなるようで。

自分が当選したみたいに嬉しい。


というわけで。

今月はパウゼでの決済でPayPayをご利用いただきますと、もしかしたらちょっと良いことがあるかもしれませんよ。

2020-06-18 12:50:21

ちょこちょこと

模様替え、というほどではないのだけれど、店内をちょこちょこと変えています。

ちょっとした家具的なものを変更したりとか。

ことの発端はもちろん感染防止対策で。


ただ残念なことにこの状況ですので、注文したものがなかなか入荷せず模様替えがピチッと決まらないのです。

何日かごとにぽつぽつと店内に新しいものが増えてきておりまして、それはそれで毎回楽しくて良いのですが。


今日はアロマディフューザーが新しくなりました。

模様替えの関係で、今までよりもコンパクトなものが必要になったので。


今度のはディフューザーそのものがランプみたいな感じです。


点灯しっぱなし、というモードもあるのですが、個人的には明るさの強弱があって揺らいでくれた方が好き。

というわけでゆらぎパターンで点灯してみたのですが、明るさの強弱プラス消灯バージョンも含まれているようで、明るくなったり暗くなったり消えてみたり。


この「消えてみたり」っていうのがなんだか落ち着かない気がするのは私だけなんだろうか。


消えた瞬間、思わずハッとしてしまうんです。

あ!消えた‼とハッとして、すぐに点灯してホッとする、みたいな。

なんか、落ち着くような落ち着かないような。


ランプが消えてハッとしちゃうのは、私がお店の人間だからだろうか。

あ、消えちゃった!対処しなくちゃ‼と、とっさに焦ってしまう。

これ、お客様の立場なら、ランプが消えてもそんな気持ちにはならなくて、むしろその明かりの強弱がいい感じなのかな。


どうしよう、連続点灯モードかゆらぎモードか。

パウゼで使うならどっちがいいんだろう…

しばらく手探りの日々になりそうです。

2020-05-16 21:13:00

感染拡大防止のために。

長い長いお休みを経て、本日より営業を再開いたしました。

こんなに長いお休み、もちろん開業以来初めての経験で。

いろんなことを考えたり感じたり気づいたりする、良いきっかけとなりました。


さて。


営業を再開してみると、なんだかついうっかりいつもの日々に戻ったような感じがしてしまうけど。

もちろん現実はそんなことなくて、まだまだ気をつけていかなくちゃいけないことばかり。

どうしてもお客様と近い距離になってしまうこの業種はとくに気を引き締めていかなければ、と。


営業を続けながら感染拡大防止のために何ができるだろうかと考えて、ひとまず5月いっぱいくらいまでの間は基本的に当日予約のみの受付ということにしようと決めました。


これは万が一、私自身が体調不良を感じた場合にすみやかに営業をストップできるように、というための対策です。

お客様を守るため、自分自身の体調確認をきちんとしたうえでご予約を受けるということを徹底しようと考えております。


ですのでひとまず5月いっぱいくらいまでの間はできるだけ、予約のご連絡は「今日の○○時で…」といった感じでお願いしたいのです。

お電話での受付は開店一時間前の午前8時より承ります。

メール・LINEにつきましては朝の5時半頃からお返事可能です。

早朝LINE、大歓迎です、遠慮なくどうぞ!

私、毎朝5時頃には起きて黒猫と遊ぶのが日課なもので。

私の日課、というよりもむしろ、このコの日課なんですけどね…



それからもうひとつお願いというかお知らせというか。


一日にお受けするご予約人数を、場合によっては制限させていただくことがあるかもしれません。


これは、店内の換気と消毒をしっかりとできるよう時間を確保するため、です。

このような業種ですからもともとお客様ごとに使用する道具を消毒したりご来店前に店内を換気したりという作業はごくごく普通にしておりましたが、今回はさらにもっと細かいところまで作業を見直しました。(たとえばお客様用の雑誌もカバーをかけて、せめて表側だけでもこまめに消毒できるようにしてみました!)

カバーのせいで普段より若干読みにくいかもです、そこはごめんなさいです…




お客様がご来店される時にはいつでもきちんと換気と消毒を完了した状態にするように、当面の間はご予約とご予約との間隔を通常より少し長めに取ることにいたします。

そのため、タイミングによってはご希望の時間に予約がお取りできないことがあるかもしれません。


お客様にご不便な思いをおかけしてしまうこと、ほんとうに申し訳なく思っております。

ただやっぱり営業をする以上、お客様にとって安全な場所であり続けなければなりませんので。

どうかご理解くださいますよう、心よりお願い申し上げます。


また、もちろんこんな時ですから、今は利用を控えようとお考えのお客様もたくさんいらっしゃるだろうな、ということも重々承知しております。

いつかまた、誰もが安心してお出かけができるような日々に戻った時に、またお会いいたしましょうね。






2020-05-13 11:15:43

お化粧直し

靴が履けないほど腫れあがった左足の虫刺されも順調に回復中。

そう、まだ"回復中"

おそらくまだ腫れが完全には引いていない模様。

あれ、もしかしてこの太さがスタンダードだったのか?

いやいやきっとまだ腫れが残ってるのよね、だってまだ肌も赤紫色だし…

そんな自問自答を繰り返す中、今度は庭で右足を刺されました。

こんどは右足の甲と足首がものすごく腫れあがっております。

今は誰にも見せたくないこの足、休業期間でほんと良かった…っていうか、ちゃんと虫除け使おうよ、私。


さて、そんなムチムチの両足を靴にどうにか押し込めて、営業再開に向け着々と準備が進んでおります。


パウゼの壁も、きれいに生まれ変わりましたよ。

塗り終わってみるとちょっとピンクが強かったかー!と思ったものの、これがいちばん淡いトーンだったんだから仕方ない…まぁそのうち慣れるでしょう。



ついでに駐車場のサインも化粧直し。




ペンキが余ったので古い植木鉢に塗ってみたりして。


長い長い臨時休業、事業主としては正直なところ心がどんよりしがちですが。

ここは気持ちを切り替えて。

営業中にはなかなかできない外作業、たくさん太陽を浴びて、ひとりぼっちで(あ、家に入ればネコズがいるね!)おおいに楽しみながら休業期間を過ごしております。


営業再開の際はご案内いたします。

それまでもう少しだけ、お待ちくださいませ


2020-04-21 21:30:00

ちいさなパウゼにできること

臨時休業を決めました。

ひとまず5月6日、ゴールデンウィークが終わるまで、です。


こんな時だからこそパウゼのような場所が必要だと思うかたもきっといるだろうなぁ、ごめんなさい。

パウゼに来てくださる皆様のことを思い浮かべながら、申し訳ない気持ちでいっぱいとなりました。

そして小心者の店主としましては、長期間のお休みでパウゼがお客様からすっかり忘れられた存在になるんじゃないかしらという不安でいっぱいです。


北海道の発表を見ると、休業協力依頼の対象ではあるものの、お店の規模が小さいので営業を続ける道も無いわけではない、というのがパウゼの位置付けらしい。

でも今いちばん大切なのは、感染をひろげないこと。

もちろん事業主としては、二週間もお店を閉めるとなると、正直なところいろいろ頭の痛い問題があるにはあるけれど。

お客様に触れることが仕事、お客様との物理的距離を保つということが難しいこの業種ですから、今はたとえちいさなお店であろうとやっぱりひとまずお休みするべきだろうと思い、決断しました。 


こんな小さなお店が休業したところで、外出する人数や人と人との接触を劇的に減らせるわけではありません。

でも、たとえほんのわずかでも感染拡大のリスクを減らせるのなら。

そんなふうに思ったのです。


ちいさなパウゼができることはほんとうにちいさなことかもしれないけれど。

みんなで合わせた力の一部となって、少し先の未来を今より良いものにできたらいいなぁと心から願っております。

1 2 3 4